アトピー性皮膚炎の症状と対策

症状と対策 アトピー性皮膚炎に悩まされている方は日本に多くいます。もともとアレルギー体質の方や皮膚の機能が弱い方に見られる炎症の病気のことをいいます。
症状としては皮膚に赤みが出て、かゆくなっていくので引っ掻いてかゆみを止めようと無意識的にしてしまいますが、引っ掻くと液体が出て状態が悪くなります。ささくれていき皮がむけ、さらに長引くと固くなり盛り上がっていきます。
厄介なのは良くなったりするのですが悪くなるというのを繰り返すことで、なかなか完治できないという特徴があります。
アトピー性皮膚炎はアレルギー症状のため免疫システムが過剰に反応することで炎症が起きるというものです。その理由としてはストレス疲労、皮膚への刺激など様々な要因が言われています。
具体的には化学薬品を使用したときや、紫外線や汗や皮膚の汚れ、皮膚に直接与えた刺激、ハウスダストなどです。何が要因になるかはっきりしないため、これらを事前に防いでいくのは難しく、症状をコントロールしていくには炎症が起きた時の対応をしっかり行い、引っ掻いたりして刺激をし炎症を強めるようなことを行わず、皮膚を綺麗に保っていくことが重要と言えます。
慢性になりやすいのできちんと病院で診察も受けたほうが良いと思います。

アトピーにとって避けたい添加物!

アトピーは基本的に化学物質に弱くその反応は健常者より即座に表れ長引きます。普通の日常生活でスーパーやコンビニなどの商品にはほとんど食品添加物が入っています。自然界の物ならまだ身体に負担はかかりませんが、ほとんどは化学物質です。
過酷な競争の各食品メーカーは、いかにしてコストを削減し利益を上げるかが一番の着目点です。それには安価な添加物で味覚をそれらしくして、現在の物流事情の中で賞味期限を長くする事は避けられません。
通常の生活では何かしらの加工食品を口にしてしまいます。完全に避ける為には全て自炊にして、菓子類さえ購入出来ません。そんなストイックな生活は長続きしませんしストレスにもなります。なるべく自炊も大切ですが、購入する際は成分表示を必ずチェックしましょう。
避けたい添加物は保存料(ソルビン酸、香酸エステールなど)、甘味料(アスパルテーム、サッカリンなど)、着色料(赤色104号をはじめ黄色、青色など)、酸化防止剤、防カビ剤、発色剤などです。表示には配合の多い順番で記載されていますので添加物名も一緒に記憶しておきましょう。
口にする頻度の多い調味料(味噌、砂糖、醤油、塩)や食用油、旨み成分などは、アトピーには絶対避けるべき点です。長期間取り続けるとアトピーの症状たけでなく癌など遺伝子レベルでも懸念があります。
先進国の中でもヨーロッパやアメリカに比べて日本は規制にとても甘いです。なので自身で気をつける事が重要です。

おすすめリンク

田村文洋による美容法をご紹介しています。

田村文洋に関する投稿記事です。