アトピーのお肌に必要なものはうるおい

アトピーのお肌に必要なものはうるおい アトピーがある肌に一番必要は物は、うるおいです。
うるおいがなくなって乾燥すると、アトピーは悪化します。
そういった悪化を防ぐためには保湿剤が役立ちます。
保湿剤をこまめに塗るようにして、肌がうるおっている状態を続ければ、アトピーは悪くなりません。
お風呂に入った時は特に注意が必要です。
風呂に入った時は風呂の水分のせいで肌はうるおっていますが、その水分は急速に失われていきます。
風呂に入ったら、できるだけ早く保湿剤を塗ることが大切です。
それから冬は空気が乾燥しているので、肌も乾燥します。
その乾燥によってもアトピーは悪化するので注意しましょう。
保湿剤をマメに塗ることが必要です。
外出する時も保湿剤をできるだけ持っていくようにしてください。
外出しているときに出先で手を洗ったりしたときは、保湿剤をすぐに塗るようにします。
保湿剤はいろいろなものが販売されているので、自分に合った物選ぶことが必要です。
病院でも出してくれます。
保険が適応されるので、市販のものを買うより経済的です。

アトピー肌に優しいメイク

アトピー肌に優しいメイクの基本となるのが保湿とベース作りです。
特に保湿はしっかりと化粧品を肌に吸着させるだけでなく、化粧品による刺激から肌を守るためにも重要なポイントです。
メイク前に時間があるときはパックをする、時間がないときは肌に合った化粧水をたっぷりとパッティングしてから保湿薬や保湿クリームを塗っておきましょう。
唇には刺激の少ないリップクリームを塗ります。
ベースには下地クリームをやや多めに使い肌への負担が少ないコンシーラーでカバーしつつ、その上に乗せるファンデーションが極力薄くなるようにします。
ファンデーションのパフはこまめに洗って清潔に保ち、パフでもブラシでも肌をこすらないように気をつけましょう。
まぶたに症状が出ている人はアイシャドウは避け、まつげのカールとマスカラに留めておきます。
アトピーのせいで唇の輪郭がぼやけてしまっている人はリップブラシやペンシルで輪郭をはっきり書くと、顔全体の印象が引き締まります。
どの部分のメイクでもブラシを使用する際は毛先の柔らかい大きめのブラシを使い、皮膚への刺激や負担を減らしましょう。