アトピーのためのシャンプーの選び方

アトピーのためのシャンプーの選び方 頭皮の汚れを落とす時に使うシャンプーは、洗い流す時に顔や体に付着してしまうため、アトピーの人はなるべく肌への影響が少ない製品を選ぶ必要があります。
シャンプー選びで注目したいのは界面活性剤の存在です。
界面活性剤は油汚れなどを強力に落とす効果がありますが、肌が敏感な人は強力な洗浄効果で体に必要な油分まで洗い流され、肌の保護機能が低下してしまいます。
アトピーの場合も同様で、シャンプーに含まれる界面活性剤の種類によっては、強い刺激で症状を悪化させる可能性があります。
特に注意をしたい界面活性剤は「ラウレス硫酸Na」もしくは「ラウリル硫酸Na」といった種類で、泡立ちが良くて洗浄能力も高く、価格も安価なため、通常の市販品の多くに配合されています。
アトピーや敏感肌の人は、洗浄能力よりも低刺激であることが大切です。
製品には成分表記が載っているので、強力な界面活性剤を避けたり、防腐剤や着色料・香料などを使っていない無添加のものを選びましょう。

アトピーのためのステロイドに対する偏見と正しい使い方

アトピー皮膚炎では皮膚のバリア機能が低下する上、症状として強い痒みがあります。
通常よりも刺激に弱い肌を爪などで掻いてしまうと、バリア機能はさらに傷つきアレルギーを引き起こす物質が侵入しやすくなります。
ステロイドは元々、副腎で作られるホルモンの一種で、これを人工的に合成し利用しているのがステロイド薬です。
強力に炎症を抑える作用があり、皮膚の細胞が活性化するのを抑えます。
アトピー皮膚炎で生じる痛みやかゆみにも有効で、辛い症状を抑えるのに用いられます。
しかしステロイドには副作用が強いという偏見が根強く、アトピー皮膚炎の治療においても使用に抵抗を感じる人も少なくありません。
しかし注射や飲み薬のように全身に作用する用法と違い、塗り薬として使用する場合は皮膚から血中に入る量は少なく、体の中に蓄積することもありません。
適切な使用量で全身性の副作用が起こることはありませんし、局所的な副作用が生じた場合も、薬の量を減らすことで元通りになります。