アトピーの主な症状とは

アトピーの主な症状 アトピーとは外気の影響や、アレルギーやストレスなどの要因が重なることで生じる皮膚炎の一種であり、人によって症状の深刻度や悪化する原因が異なるのが特徴です。
アトピーの主な症状とは、激しい痒みや特徴的な湿疹が挙げられます。湿疹は赤みがあり、掻くことで皮膚が分厚く硬化しゴワゴワとした手触りになりやすいのが特徴です。薬を塗っても繰り返しやすく、完治が難しいというのが特徴です。
アトピーに悩む人の多くは乳幼児期に発症し、赤い湿疹やかゆみなどの症状に悩まされます。
そのまま大人にまで症状が続く人もいれば、成長と共に落ち着いていく人もおり個人差があります。
また、一度治ったと思っていても再発するケースがあるため、油断できない恐ろしさがあります。
アトピーになったらまずはステロイド剤などでかゆみや炎症などを抑える治療を行い、日常的なケアで肌の保湿を繰り返し行うことで肌のバリア機能を正常に戻すように心がけていきます。

大人になってから発症する後天性のアトピー

アトピーは乳幼児の頃に発症する先天的なものというイメージがありますが、昨今は大人になってから突然、発症する後天性のアトピーも増えてきています。
アトピーはアレルギーの一種ですので、アレルゲンがなんらかの反応をすることで症状を引き起こす可能性は否めませんので、後天性のアトピーがあってもおかしくはありません。
特に元々アレルギー体質である場合、子供の頃には症状が出ていなかっただけでその素因を持っていることも珍しくなく、なにかのきっかけを元に症状が出ることがあるのです。
大人が発症する原因として最も多いのがストレスです。人間関係や環境の変化、過労や睡眠不足など、ストレス社会ともよばれる現代において人々は何らかの強いストレスを感じる場面が少なくありません。
実はストレスは肌のバリア機能を低下させる原因となりますので、これによって本来であれば問題ない程度の刺激でも皮膚が強く反応してしまうことがあるのです。
ここに先述したようなアレルギー体質が加わるとより発症率が高まると考えられるのです。